МОСТ 1.jpg

レッスンについて

 

ダンスは初めての方

何でも自分が興味を持ったことを始めるのはワクワクします。

あなたが他のジャンルのダンスやスポーツなどの運動経験がなくても心配ありません。

動きにある種のクセがついてないことは、逆にメリットになります。

まずロシアンダンスを踊ること、そしてその背景にある広大で複雑なロシア世界を楽しんでください。


よく言われていることですが、ダンスはノンバーバルなコミュニケーションです。

ダンスに初めて触れる人は自分の中にある感情の働きを見つめながら、動きをトータルに感じていくことがとても重要になります。


とはいっても難しく考える必要はありません。

まず気楽にステップを踏むことから始めましょう、時間を止めたくなるぐらい楽しいですよ。

 

ダンス経験のある方

あなたが経験してきたジャンルのダンスの特性により、身につけてきたものもさまざまでしょう。そのメリットを活かしながらロシアンダンスの動きを学べば効率よく進歩することはまちがいありません。


ただし逆に他ジャンルの経験が、進歩にブレーキをかけてしまうこともあるようです。

たとえばこれまでに習得してきたダンスの動き方が、クセとなってなかなか取れないことがあります。


またやむを得ないことですが、どうしても今まで習ってきたダンスのやり方で情報処理をして表現をしてしまいがちです。


あなたがこれらのことを注意しながらレッスンに臨めば、もともとダンスのリテラシーは高いのですから、短い時間で素晴らしい成果を得ることができるでしょう。

 

レッスンウエアとシューズ

1.レッスンウエアについては動きやすい服装ならばOKです。
2. シューズについても特に制限はありません。スニーカーなどでもだいじょうぶです。
ただし床をдробьタップすることも多いので、バレエシューズではないほうがいいでしょう。練習用には汎用性のあるジャズシューズが適しています(画像では窓に置いてある)
もちろんキャラクターシューズやсапогиブーツでもけっこうです。

IMG_20210216_155631.jpg
 

ロシアンダンスの特色

きわめておおまかに思いつくままに言うと、次のようなことが目につきます。

1.キレの良い足捌きを中心とするステップダンスである

2. (バレエに比べて)脚、腕のポジションは少なめ、ポール・ド・ブラも少ない

3.上体、全身の脱力やコントラクション、オフバランスでのツイストやアイソレーション、細かで複雑なアームアクションなどは通常見られない

4.男子はジャンプ、スクワットなどトリッキーな動き、女子はターンを中心とした動き

5. タップはタップダンスのように特化はしてない