• moct1995

サハリン④ ニブフの踊り

10月8日(日)ニジノサハリンスク市中心部のレーニン通りにあるサハリン州立美術館に向かう。日本統治時代の拓殖銀行の建物だ。サハリン島南半は日露戦争後から第2次世界大戦後まで日本の統治下にあった。


美術館の受付で来意を告げると、絵画が展示されている広いギャラリーに案内された。

ここはイベント広場も兼ねているらしい。


すでにアンサンブルのメンバーは民族衣装を着て待っていてくれた。

カラフルな民族衣装は、カムチャツカでは見られなかったものだ。

アンサンブルのディレクターのレーナ・ニトククさんは

ニブフの歌と踊りの保存、教育と普及のため多彩な活動をしている。

レーナさん以外のメンバーは少女たちだった。


演目は 手拍子しながらの童べ歌、

パラチキ(スティック)やカス(ドラム)を使う歌や踊り、

女性三人での髪を洗うしぐさの踊り、

口琴の曲の演奏などであった。



カムチャツカの踊りに比べると、とてもおだやかで抒情的、

どこか日本人にもしっくりくる情緒的なものであった。


わざわざ私一人のために演じて見せてくれて感謝にたえない。

ニブフ音楽に関するたいへん厚い書籍もいただいた。

いつの日かまたお会いして、じっくりと見せてもらいたいと思う。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示